スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地の引渡し

今日は大安

土地の契約のときに、決済&引渡しの日をてきとーに決めたのですが、それが本日。
たまたま大安でした

だんなも行くはずが、どうしても仕事が休めないとのことで、私と私の父の二人で行きました。
司法書士さんも到着し、登記のいろんな書類の説明を受け、
たくさん署名し、はんこを押し(てくれ)ました。

土地の登記とあわせて、私道の通行地役権の設定登記も一緒にお願いしました。
私たちの買った土地は、旗竿地のような形で、竿の部分は売主である不動産屋さんの
私有地となります。
うちの土地に入るにはその私道を通らないと入れないんです

地目は公衆用道路となっていて、原則勝手に売買できないらしいのですが、
このご時世、何があるかわかりません。
突然持ち主が変わって「もう通らせない」とか「使用料払え」などと言われては
たまりませんので、通行地役権という権利を設定しました。

これをしておけば、持ち主が変わろうがその道路が抵当にいれられようが
わたしたちは自由に通行できるそうです。
そしてこの権利は個人ではなく、通行を必要とするほうの土地につくそうです。
つまり、わたしたちだけでなく、子供に家を譲ったとしても、他の誰かに売ったとしても
その人たちはずっと自由に通行できるということです。

すべての書類がそろったところで、司法書士さんが「では決済をどうぞ」と言い、
大金を支払いました。

これでめでたく私たちの土地になりました

土地の権利書などは司法書士さんが来週アタマに送ってくれるそうです。
もし来週中に届かなかったら連絡くれとのこと。忘れないようにしないと。

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

コメント

わぁ~いよいよですね

通行地役権っていう権利・・・住むなら、きちんと理解しておくのって、すごく大切ですね。 ふむふむ。
うちは、まだ土地を押さえているだけなので、なんとなく宙ぶらりんなので、なんだか、憧れちゃうなぁo(*^▽^*)oあはっ♪ 

No title

きのうはやはり緊張したのか、帰ってきたらどっと疲れがでちゃいました(^^;
かるぴんちょさんもかなり具体的になってきたのでは!?安心して契約できるといいですねv-352
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。